EAAサプリの人気ランキング@筋力アップにおすすめはこれ

EAAとBCAA

 

EAAは必須アミノ酸(Essential Amino Acids)の略ですが、これらを摂取することによって普段のトレーニング効果を高めることができることから、多くの人々に注目されています。もともとはウェイトトレーニングを行うなど、筋力アップに関心の高い層に注目されている成分でしたが、最近では健康目的で筋肉をつけたい、メタボで悩んでいる人など多くの人が注目しているそうです。

 

EAAは具体的にはトリプトファン、リシン(リジン)、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジンの9つを言います。これらを摂取するのとしない場合と比べた時、トレーニング後の筋合成が400%以上活発になるといわれていて、そして摂取したタンパク質の多くが筋肉の合成に使われるようになるといわれています。つまり脂肪やカロリーとならずに体を作るところに効率よく使われるようになるということです。

 

EAAの中にはBCAAと呼ばれる種類のアミノ酸も含まれています。しかしながらEAAサプリメントはBCAAサプリメントと比較するとBCAAは少量ですから、BCAAについては効果を期待できるレベルでは含まれていないと考えましょう。BCAAは筋肉の分解を防止し、そしてパフォーマンスを高める効果があります。

 

EAAとBCAAとではその目的が違います。EAAは筋肉の肥大化のために重要で、BCAAは筋肉量の維持のために重要です。こういった目的の違いを分かって正しい使い方をするようにしましょう。

 

EAAの効果とメリット

 

EAAというのは必須アミノ酸のことを言いますが、この必須アミノ酸は体内で様々な働きをしているため、これが不足するといろんな不調が体に現れるようになります。特に肝臓やホルモンの分泌に対して悪影響が出やすくなりますから、それによって栄養の代謝や体の各種機能に影響が出てしまうことがあります。ですから普段からしっかり食事の中で必須アミノ酸の摂取が必要なのです。

 

ところでこれを利用したEAAサプリメントは、筋力トレーニングを頑張っている人たちの間で非常に人気が高くなっています。というのはこれによって筋肉を大きくすることが出来るからです。また筋肉の疲労回復力を高めて、トレーニングのサイクルを短期化することが出来ます。必須アミノ酸は9種類ありますが、単体で摂取するよりもこれらをバランスよく摂取することが大切で、それによって相乗効果を得ることが出来ます。

 

EAAのサプリメントの特徴は、食事によるタンパク質の摂取と比べると吸収が早いために利用しやすいということです。即効性のあるフォローが可能になることや、また脂質などの余計な栄養素を摂取することがないので、効率よく筋肉だけをつけることが出来るのです。

 

似たようなものにBCAAがありますが、これは主に筋肉の分解を防ぎ運動パフォーマンスの維持を図るもので、EAAは筋肉肥大により効果があるものです。うまく利用することによって体の調子を整えたり、トレーニング効果を高めることに使えますからぜひ試してみてください。

 

アナボリックとカタボリックとは

 

筋肉の合成などカラダの組織が新しく作られることをアナボリックといい、逆に分解されて無くなることをカタボリックと言います。体は新陳代謝によって毎日細胞が新しいものに生まれ変わっていて、このアナボリックとカタボリックが繰り返されているといえます。アナボリックがカタボリックよりも多くなれば体は大きくなります。ただこれが筋肉ではなく脂肪であれば太ってしまっただけです。筋肉がついてこそアナボリックが嬉しく感じられることでしょう。トレーニングと正しい栄養摂取は、アナボリックによる筋肉をつけるために必要不可欠です。

 

眠っている間は栄養摂取が出来ないために、栄養不足からカタボリックが優勢になりやすいタイミングでもあります。ですからこの時に栄養不足が起こらないように、しっかりと栄養を摂取しておく必要があります。この時に必要な栄養は、実は炭水化物です。というのは体内のブドウ糖が不足すると、主に筋肉が分解されてカロリーを作るようになるからです。

 

またアミノ酸サプリメントよりもプロテインや肉類など、消化に時間のかかるタンパク質を摂取するのが良いでしょう。そのようにしているとタンパク質が分解されてしまったり、またカロリーが不足した頃に補充することが出来るようになります。ただ余計な脂質を摂取してしまわないために、摂取する内容は十分に検討する必要があるでしょう。筋力トレーニングは努力だけでなく、栄養の知識も必要になるといわれる所以です。

 

筋肉を早くつけるために

 

筋肉増強剤というものがありますが、これはその名前からも察することが出来るように短期間で筋肉をつけるための薬物やサプリメントです。これらはいわゆるドーピングでありアスリート達が使うことができません。昔は使えていたのですが今は厳しくなっているようです。こうした筋肉増強剤は高い効果があるからこそ需要があるのですが、通常のトレーニングよりもずっと早く筋肉をつけることが出来ます。なかには副作用がとても強いものもありますが、今は天然原料のみのものや無添加の商品もあるようです。

 

効果的に筋肉をつけたいというに人気が高まっているのが加圧トレーニングです。これは専用バンドで圧迫することによって血流を制限します。この状態でトレーニングをすると乳酸が出て、脳に対して筋トレを頑張ったというアピールをしてくれるので、脳が成長ホルモンをたくさん出すように指示を与え、結果として筋肉の成長が早まるという仕組みになっています。加圧トレーニングは健康状態や栄養状態、体質によっては気を失ったりする危険性もありますから、行うのであれば必ず専門のトレーナーの元で行ないましょう。

 

筋肉をつけたいのであれば、やはり栄養には徹底的に気を使うべきです。タンパク質をしっかり摂取することを基本として、栄養バランスを意識して食事をしていきましょう。栄養バランスの良い食事+プロテインが最も効果的だと思います。体を鍛えるためには時間がかかるものですが、正しい方法を知っていれば必要な時間を縮めることが出来ますから、何となくトレーニングせずに、1回1回準備してから行いましょう。

 

筋力アップに欠かせないタンパク質

 

筋肉を付けるためにはタンパク質の摂取が命と言っても良いでしょう。しっかりトレーニングをしているのに筋肉がつかないという人は、タンパク質の摂取に問題がある可能性が高いです。

 

タンパク質は言わずと知れた「筋肉の材料」です。しかしながらタンパク質は体の多くの部分を作る材料ですから、決して筋肉だけの問題ではありません。タンパク質は多く摂取すると髪や爪などもきれいにしてくれます。この辺が脂肪とは全然違うところです。脂肪は体を大きくはしますが、髪や爪には関係ありません。

 

タンパク質の摂取が不足すると、絶対に必要な部位に優先的にタンパク質を供給するようになります。残念ながらそれは筋肉ではなく体のいろんな部分です。あまりに不足すると、筋肉からタンパク質を取り出して補うようになり、筋肉は小さくなってしまいます。基本的に筋肉は大飯食らいなので、栄養不足の際には真っ先に切り捨てられると思っていてください。タンパク質の摂取の目安は、筋肉を付けるのなら自分の体重のkgをgに直して、その上で1.5〜2をかけた数字が1日あたりの目標量になります。

 

このタンパク質を摂取する際にも、出来るだけ良質なタンパク質を摂取しましょう。この良質なタンパク質というのは、EAAや必須アミノ酸と呼ばれるアミノ酸がどれだけバランスよく含まれているかで決まります。基本的に肉類は良質なタンパク質になっていますので、肉類をしっかり摂取することが大切です。ただ肉類は脂肪分も多いので、よく言われるようにササミの肉を食べたり、ツナ缶の油を絞って食べたりするわけですね。

 

クレアチンと肝臓の関係

 

クレアチンによる副作用の中に、肝臓の機能障害や機能低下といったものがあります。

 

肝臓には、大きく分けると3つの役割があります。1つめが、アルコールや食品添加物といった体に毒と思われるようなものの分解を行う機能です。2つめが、食べ物やサプリメント等から摂取されたたんぱく質や脂肪を科学反応により体内エネルギーへと変えていく代謝機能です。3つめは、肝臓の機能稼動で発生してしまった老廃物のようなものたちを排気するための胆汁生成になります。

 

クレアチンをサプリメントで外から摂取すると、筋肉の栄養素として蓄積しようとして、まずは肝臓を通して代謝されることとなります。クレアチンの出力を増加させるためには、クレアチンを筋肉内に貯蔵しなければなりません。そのため、クレアチンサプリメントを高頻度な状態で摂取し続けなければならないのです。すると、代謝の役割を担っている肝臓にはかなり負担を掛けることとなります。

 

もともと肝臓というのは添加物や脂溶性ビタミンを蓄積させてしまうような性質を持っています。そのため、クレアチンサプリメントにもし何か添加物が含まれていたならば、継続的に摂取することによる肝臓への蓄積で、肝機能低下をもたらしてしまう可能性も考えられるのです。

 

そのための改善策もしくは予防法としては、サイクル法における休止期を上手に利用して、肝臓へかかる負担を軽減させてあげることでしょう。また、出来る限り無添加のもので、純粋なクレアチンのサプリメントを服用していくと良いだろうと思いまるす。

 

オススメはこれ! クレアチンサプリランキングを見てみる

 

糖尿病が原因で足が臭くなるのか?

 

足の臭いの原因としていろいろなものが挙げられます。たとえば、通気性のよくないブーツやストッキングといったものを長い時間履き続けることにより、雑菌が増えてしまいます。お風呂に入った際に、しっかり足の指の間まで洗わずに放置しているのもよくありませんね。そうゆうことを続けていると、足の臭いはどんどんひどくなっていきます。

 

その一方で、病気が原因となって足に悪臭が発生してしまうこともあるようです。その病気の中の一つとして糖尿病が挙げられます。糖尿病というのは、内臓に糖分を取り込んでしまうものです。そのために、働くインスリンの分泌能力が低下してしまうのです。そうすると、血液中に余分な糖分が残ってしまい、それでもがんばって糖分を作り出そうとするために血糖値を上がっていき、糖尿病が発症してしまいます。この時に生成されているのがケトン体といわれる物質です。このケトン体が臭いの素となり、血液をめぐりめぐって汗と一緒に排出されていくため、独特の悪臭を出てくるのです。

 

糖尿病が発症すると、普段はそれほど汗をかかない人であっても発汗量が増加していき、それに伴い臭いもきつくなっていきます。中でも足の場合については、ブーツや革靴、ストッキングやナイロンの靴下等を履くことにより、汗が蒸発しにくくなり、より一層足の臭いがひどくなっていくのです。

 

糖尿病が原因で足が臭くなってしまうことを解消するには、血糖値を下げていくための食事制限を行うことが一番です。糖尿病になってしまうと、足の発汗だけにとどまらず、足がむくんでしまうので、さらに余計に靴や靴下との空間がなくなってしまい、足も蒸れやすくなります。こういった場合は、糖分以外にもカロリーや塩分、タンパク質等の栄養についても制限する必要が出てきます。

 

臭い対策にどうぞ 足臭治すクリームはこちら